屋根とその縁切り作業

屋根とその縁切り作業 外壁の耐久性を維持するために外壁塗装を行うのと同様、屋根を覆う部材も定期的に塗り替えを行う必要があります。
塗装そのものの工程は外壁塗装と似ていますが、縁切り(えんぎり)という工程があるのが大きく異なる点です。
今回は屋根の塗装と縁切りについてご紹介します。
なお、今回ご紹介する工程はスレートと呼ばれる部材のものです。
塗装の工程は外壁の場合とよく似ています。
まず、高圧水による洗浄を行います。
塗装を行う前には、劣化した既存の塗膜や日当たりの悪い面についたコケなどをしっかり洗い落とします。
スレートの場合、吸い込んだ水分の凍結と融解による劣化や、飛来物が原因で部分的に割れていることがあります。
その際は簡単な補修を挟むこともあります。
十分な乾燥時間を挟んだ後、材質に適した下塗り材、上塗り材を塗り重ねていきます。
外壁塗装の場合はこれで作業完了となるのですが、屋根の場合は続いて縁切りが必要です。
スレート材は瓦のように上下左右ずらしながら配置されています。
部材と部材は雨などの水分が逃げられるように隙間を空けて重ねてあるのですが、塗り替えを行うと塗料がこの隙間をふさいでしまう箇所があります。
そのため、乾燥した後にスクレーバーと呼ばれる道具などで切込みを入れていく作業が必要となります。

ベランダ塗装・補修

ベランダ塗装・補修 建物は新築して十年も経過するとあちこちが傷んできます。
特に常に風雨に曝されたり紫外線に曝されている外壁塗装の劣化には注意して、劣化や傷みが見えたら早急に塗り替えなどの処置を行いましょう。
この外壁塗装の検査を行う時には、一緒にベランダの状態も検査するようにしましょう。
ベランダも同じように風雨に曝されたり紫外線に曝されているので、劣化や傷みの進行も同じように考えられます。
特に防水効果が亡くなったろ細かなひび割れや劣化が進行している状態を放置しておくと、雨漏れなどの原因になり下地材や構造材まで傷める危険性があるので注意しましょう。
外壁塗装を施工する業者は防水工事にも精通しているものです。
一緒に調査をお願いして、外壁塗装もベランダの防水の施工もお願いすると、業者は経費節減になるので別々に発注するより割安で施工できるはずです。
問題が発生してから工事を行うのでは内部まで支障があり工事費が高くつく場合もあるので、そうなる前に早め早めに手を打って建物を健全な状態に維持しましょう。