外壁塗装には外壁を長持ちさせる効果がある?!

外壁塗装で雨漏りを防ぐ 外壁は経年劣化や地震や台風などの外部からの刺激や影響によって、亀裂が入ったり塗膜が弱くなってしまうことがあります。
亀裂や塗膜が弱くなった部分から雨漏りしてしまう事例が良くあります。
そんな事例が続いた場合は、早急に塗装会社様を現場に呼んで外壁塗装を検討した方が良いです。
初期の段階の亀裂であれば、外壁塗装工事の下塗りや中塗りの段階で亀裂を厚い塗膜でカバーすることが可能です。
亀裂が大きくなってしまってからでは、Vカット工法や左官業者様の補修などの塗装工事関連しない工事が増えていき工事金額が膨れ上がる危険性があります。
雨漏りをきっかけに外壁面を診断して早期発見することで雨漏れを未然に防ぐことができます。
雨もれしている部分がサッシ周りの場合は、シーリング材と呼ばれるゴム系の材料が劣化によって切れている可能性があります。
その部分から雨水が侵入していると考えられるため新たに打設する必要があります。
外壁塗装時にシーリングの打設も行えばシーリングの上から塗装塗膜が付き強固となるためより雨漏りを防ぐ効果を得られます。

外壁塗装をするべきタイミングとはどんなとき?

外壁塗装をするべきタイミングとはどんなとき? 外壁は365日過酷な条件下で家を守り続けています。
風雨にさらされ、太陽の熱や紫外線を浴び、寒冷地では凍害に合うこともあります。
住宅でもマンションでも建てて外壁のメンテナンスは何もしないで、一生持つことはありません。
外壁塗装は定期的に行う事で、家を長持ちさせる重要な作業です。
外壁塗装を行う最適なタイミングは、それぞれの建物の状況や環境下で大きく異なります。
また、使用している外壁材のメーカーや種類によっても違ってきます。
しかし、一般的には築10年を目安に考えています。
日本の外壁の約80%を占めている窯業系サイディングは、主成分がセメントで繊維を混ぜて固めたものです。
元々、防水や撥水性がなく工場で塗装を施し現場で張り付けします。
その他では、金属系やモルタル塗りなど様々です。
窯業系の外壁塗装のタイミングは、色あせ、表面を触った時に白い粉が付いた時、塗膜の剥がれや膨れです。
これらは全て塗装の劣化が始まっているサインです。
早めの外壁塗装を検討しないと、雨漏りの原因にもなります。