色々な場所の外壁塗装

色々な場所の外壁塗装 外壁塗装は劣化してしまった外壁の耐久性を新築の時と同じ状態に戻すと言う大切な目的が在り、10年に1度と言ったサイクルで行うのが理想と言われていますが、劣化する速度と言うのは住宅の在る環境に応じて異なること、使う塗料の種類によっては5年から7年と言うサイクルで施工を行う必要が出てくることも在ります。
南側の外壁と言うのは紫外線が最も当たる環境に在るため、外壁の劣化は日当たりが良い外壁を中心に考える事が大切ですし、日当たりの良い環境に在る住宅と、そうではない住宅では外壁の劣化の速度も変わる事になります。
尚、外壁塗装を行う時には外壁以外の場所も併せて塗装を行うのが良いと言われています。
外壁以外の場所の事を、外壁に付随する箇所などと言いますが、破風板や軒天井、雨樋、雨戸などの部分で在り、外壁だけが綺麗になると、これらの場所の汚れが目立つなどの理由からも、外壁塗装と同時に塗装やメンテナンスを行っておくべき部分になります。
また、これらの場所は金属や木部と言った色々な材質になっているため、錆びついている金属は綺麗に落としてから塗装を行う、木部についてもメンテナンスを行い、下地を綺麗に仕上げてから塗装を行う事になります。

屋根の塗装

屋根の塗装 屋根の塗装は、意外と気にしないという人が多いものですが、最も雨風にさらされている場所でもあり、実は非常に傷みやすい場所でもあるため、日頃から注意をしておくことが必要なものです。
塗装が傷んでいるのを放っておくと雨漏りなどの原因となり、最終的には家自体を傷めてしまうと言った事にもなりかねません。
しかし、なかなか屋根の塗装を行うと言ってもその費用は高価なもので、特に高所が多いため足場の設営が必要となるためその費用も高額になってしまうものです。
そのためなかなか簡単に行えるものではないと考えられていますが、これを効率的に行う方法が有ります。
それは外壁塗装と屋根の塗装を一緒に行うことです。
外壁塗装に於いても足場が必要になるため、同時に行うことで足場の費用を浮かすことができます。
業者の中には両方を行ってくれる業者が多いものですが、万が一別の業者であっても、基本的に業者どうしで相談して上手に融通してくれることが多いものです。
多くの塗装業者では、外壁塗装を行う際に屋根の塗装を行うことをすすめられることも多いものです。
同時に行っておくと次回の塗装も同時に行えることになることが多いので、外壁塗装を行う際には一緒に屋根も塗装を行うことを考えるのが効率的です。

おすすめ外壁塗装関連リンク

マンション・アパートの塗装・防水・外壁改修工事・雨漏り修理に即対応してくれます

外壁塗装 東京